2014.07.07 Monday

DLこわい

0
    久々にバカスカ音楽に金をつぎ込んでます。と言っても全てDL音源。やはり感覚が薄れていくので非常に怖いなーと思いつつもちまちまならいいかとやめられなくなってる。(ドツボ)ちなみに買ったラインナップがこんな感じ。






    mergrim/Hyper Fleeting Vision






    Nyolfen/Pulse






    Fugenn&The White Elephants/Prays






    N.D./NUL 0 00




    見事にOTOTOYとPROGRESSIVE FOrMの販促みたいになってますが、上三つについてはむしろ今までなんで買ってなかったんだという。まぁ明らかにPFからは自分好みの音がたくさん見つかるってのは分かってたんですが、結局こうなるのが怖かったのはあります。際限ないのよねこれ。全部買うまでやめられなくなるんじゃないかという怖さは今もあります。ひとまずこの3アーティストについては全部揃えていいんじゃないかっていう悪魔のささやきが…。3月ごろにDJやらせてもらった時、前半をこの辺のアーティストのネットレーベル音源で固めてて、それが人によっては良かったと言ってもらえたのが嬉しかったので、この辺の幅を広げたいなーというのもあります。なんかDJのために曲探すって邪な感覚だったんだけど、別に悪かないんじゃないかって最近ようやく少しずつ思えてきました。だからそのうちbeatportも手を出しそうです。(金欠まっしぐら)
    だいぶ話が逸れましたが、4つあるうちの一番下は偶然というかなんというか。買うかーってOTOTOY眺めてるところにぽっとあって、試聴したら良い感じだったので買ってしまいました。これもまた大正解。ピアノとノイズを主体とした、もろアンビエントとかそっち系と思いきや、結構ビートの効いた曲もあってとてもよい。まぁ個人的にはあまりビートの強くない2曲目がお気に入りではありますが。あらゆる意味で心地よさがあります。なんか国籍不明でどうこうとか書いてありましたが、よくわかりません。わかるのはとても良いものを買ったということでした。

    久々に音楽の話を書いたら、不透明すぎる、とても雑なものになりました。まぁいいか。とにかくN.D.その他買ったものが良かったということが言えればそれでいいです。

    それでは。
    2014.06.17 Tuesday

    先日曲をあげまして

    0
      実に1年半ぶりのsoundcloudへの投稿でした。僕には動画を作る技術がないのでニコ動にあげることはできないし(MMPのは全部相方の結ちゃん制作)、他に特にあげるところもないのでここに上がってるのが僕の作った楽曲全部なわけです。ストックとかできずに公開しちゃう質ですから。で、1年半ぶりかつ直近の投稿はその半年前に作ったコンピ用の曲なので実質2年ぶりでした。その期間を全く感じさせない成長のなさ。完全にどうやって作ってたかを思い出す、というか作るのがどんな風に楽しいかを思い出すために作りました。結局楽しくないとやる気でない人なので。本来的にそういう人って曲作るの向いてないとは思うんですけどね、ストイックになれないから。それでも趣味だから許されるということで。なんとなくまだやりようがあるかなと思ってまた性懲りも無くdemoとかつけてしまいました。どうせ何もしないのにね。そもそもこの楽曲をどっかにどうしようとかは全く考えてません。MMPにはちょっと雰囲気違うかなーという気もするし、歌詞をつけるイメージがあまりない。そのうち個人的に色々まとめられたらなーと思ってるので、その際にでも。

      なお前回もちらっと書きましたが、Midnight Marching Paradeとして秋M3に参加申し込みしてます。受かるかなー。受かればこれまた実に2年ぶり。CD制作に向けては…特に何も進んでません。流石に昨年の二の舞だけは避けないと。あ、昨年出そうとしたのは別のものにはなるかと思います。あまりに無茶苦茶な状況で無理やりに作ろうとしたもので、流石にあれは出しちゃまずいなと。なんとかしてあげたいんだけどね。
      旧譜もまだあるし、前回M3のアレンジCDがあったり、その他諸々と今までになく賑やかなスペースになると思います(受かる前提)その賑やかさが最後は閑散としてくれればいいんだけどね…。
      そういうわけですので、受かった際にはよろしくお願いします。

      ではまた。
      2014.04.29 Tuesday

      M3-2014春

      0


        M3お疲れ様でした、なんて言うのが随分と久々ですが。かれこれ1年半ぶりにM3に行くことができました。一般参加だと2年ぶりだったので、すっかり入場の勝手とか忘れてて戸惑ってました。

        そして事後報告にはなりますが、今回一応MMP名義でCDが出ておりました。と言っても僕はほぼ何もしてないんですが。「マートルの海岸」という曲をhiroaki akimotoさん、yoshihisa nagaoさん、wonderlandicaさんという素晴らしい方々にアレンジ、リミックスしてもらったアレンジ集です。原曲をそれほど崩さずにあそこまでカッコ良くしていただけるなんて、本当に嬉しい限りでした…。たぶん誰よりもこの曲たちを聴いていますwちなみにこちらのCDはまだ在庫ありますゆえ、また何かの機会に頒布すると思います。その際は是非よろしくお願いします。

        「マートルの海岸」という曲には自分自身、助けられっぱなしというか…昨年もHarmosphereさんのドラマCDにエンディングとして使っていただいたり、もうかれこれ2年も前に出した曲なのに、いまだにこの曲のおかげでいろいろなものをつないでもらっているような気がしています。いい加減、そこから巣立たないといけないとは思うし、今回久々にM3に行ってまた沢山刺激をもらえた気がします。いい機会だから曲作るのも再開したい。なにかできるかはわからないけど。

        ちなみに買ってきたCDは写真の通り。少しずつ聴いてますが、とてもいい作品ばかり。ここのところ新しくCDを買ったりして聴くってのがあまりなかったですが、やっぱり新しく出たものを聴くのは楽しい…。そういう意味でも次はもっとちゃんとチェックして行きたい。


        っていう記事を書きかけにしたまま1ヶ月半くらい経ってたので放り投げておきます…
        あ、秋M3は申し込んでます。

        ではまた。
        2014.02.25 Tuesday

        アイマス冬フェスのこと2014

        0
          ついに参加してきました、人生初のアイマスライブ。前日まではサイリウムどうするとか、コールいけるんかとか、そもそも知らない曲結構あるんじゃないかとか、サイリウムどうしようとか考えてたわけですが、まぁ当日はあまり余計なことは考えない方がいいかと思って、楽しむことだけを考えてました。

          結論から言って、最高だった。

          あらかた行った誰もが同じことを言うでしょう。僕もたぶん同じことしか言いません。それも承知の上で流石にこれは書かなきゃ気が済まないので書きます。



          まず客電が消えた瞬間からのあの光。サイリウムの光の海。そう、まずとにかくこれを感じたかった。実際に見る光の海はこんなにも綺麗なのかと最初から度肝を抜かれました。どんなにオタクが寄ってたかってと気持ち悪がられようが、この光の海を見たら黙るしかないんじゃないだろうか。というか自分自身がそうだったのです。前にも書いたかもだけど昔、とあるライブで最前の人だけがサイリウムを振ってて邪魔だなぁ嫌だなぁと思っていた。それ以来サイリウムには問答無用で拒否反応を示していた。まさかその光が見たくてライブに行くとは思わなかったし、自分が持つなんて考えても見なかった。アイマスライブのおかげでこの光の海に出会えたし、それを見たい混ざりたいと思えた。そして今回、ついにそれが達成できたのが嬉しくて仕方なくて、最初から口が開きっぱなしでした。


          そして始まるライブ。やる曲やる曲本当に素晴らしくて。冒頭、Ready!!はまだ想定できていたけれども、まさかCHANGE!!!!までやってくれるとは全く思っていなくて、それでもう嬉しくて泣いてた。そっからはなんか夢のような時間で、あまり前後どうなってたとか覚えていないので、個別に覚えてるところから。


          765AS。
          中村先生。ご自身の名義での活動を経てか、さらに歌声が素敵になられて…もっとソロ曲聴きたかったです。全体のまとめ役として立たれる姿が人数も増してさらにかっこよくなっていた。
          キングは以前のLVで見たライブにはおられなかったので初めて生で聴きました。本当に歌唱力すばらしすぎて、それだけで泣けた。Mythmakerかっこよすぎでしょ。
          あずみん。すっかりもらい泣きさせられてしまった。あかんわ…。
          平田さん。もうとにかく自転車が最高。かっこよすぎる。すきだぁぁぁ!!!
          沼倉さん。髪が短くなってたせいか失礼ながら最初誰!?ってなったけど、やはり歌が素晴らしかった。
          原さん。本当にあの貴音さんとのギャップに驚くふわふわした雰囲気とは裏腹に歌い出してからの空気の作り方、すごい。
          あさぽんは二人分の熱量をきちんと放ってて、前日終わった後はきつそうなツイートしてたけどそれを全く感じさせなかった。プロや…。
          仁後さん。チクタクの雰囲気は新境地というか、やっぱりイメージは元気印だっただけに驚いた。でもキャラを崩さないままに、それでもきちんと感情を込めて歌っている姿が最高でした。
          滝田さん。メドレーとはいえ空が聴けるってだけで本当に泣けるのに、全員でとかずるすぎるでしょ…あと毎度毎度小鳥さん曲は本当にいい曲ばかりだし、それに見合う歌声でNo.1涙腺ブレイカーです。
          ミンゴス。ようやく生で聴くことができた。Arcadiaは最高にカッコ良く、約束は感情たっぷりに、これで泣かないわけがない。やはりアイマスにおいて一番歌を届けてくれるのはあなたです。
          そして釘宮さん。聞きたくて仕方のなかったmy songを、しかもソロで歌ってくれるなんて…。始まる前の静寂からイントロが流れた瞬間、何が起きてるのかわからなくて、しばらく経ってようやく、ああ、なんて素晴らしい歌声で歌ってくれているのだろうと。本当に一生忘れられない。

          シンデレラガールズ。
          個人的ベストは三宅真理恵さん。完全にウサミンやった。無意識にピンク折ってのウサミンコール、全力でした。明らかに泣くような曲じゃないのになんかよくわかんないけど泣けた。歌い終わってみんなのところに(わざと?)バテながら駆けていく姿が、もうウサミンそのものでした。ありがとう。
          たまにだけど聴いていたデレラジの三人も初めて見ることができて、大橋さんがあんなにのんびりした感じなのにライブではきちんとセンターとしてシンデレラガールズを引っ張っていて、すごいなぁと。
          青木さんもぜひとも見たかった方の一人で、歌うめぇ!大きい!遠くからでもわかる!めっちゃかわいい!といろいろと失礼かなーという興奮をしてました。いや本当に歌うまい…。あとあんま関係ないけど外にあったフラワースタンドに、某リスナーからのがあって誰だろうってなってたw
          シンデレラガールズは以前から単独も決まっていましたが、堂々としたステージでの姿にこれは絶対に4月の初単独いいものになるぞ…!と感じました。僕は現地行けないですが、できればLVでもいいから見たい。でもその前にここでこれだけのライブが見れたことが本当によかった。

          ミリオンスターズ。
          とにかく木戸さんに割と最初の方でもらい泣きして以降、涙腺がすっかり緩んじゃった。結局曲は全く追えてなかったわけだけど、かっこいい曲がとても多くて、こんな大きな舞台で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれていた。今回の土曜の方で単独も発表されたようだし、まだまだこれからの皆さんだろうから本当に頑張ってほしい。ミリオンライブというゲーム自体にはやはりどうしても良い印象を持てていないのは事実なんだけど、映画におけるミリオン組の存在はとても良いものだったと思ってる。だから、本当に頑張ってほしい。微の微の微力でも応援したいと思った。

          サプライズの戸松さん。
          なんかもうあまりに自然にHELLO!!のイントロが来て、あれ?何が起きたんだ?って思ってるうちに会場がピンク一色に染まっていました。そしてよくわからないままにおおー!と叫んでいました。DSやってないし、他の人よりその重大性を理解できていなかった気がするけど、それでもとまっちゃんの声でHELLO!!が聴けたのは本当に良かった。その勢いでDS組みんな(というか主に花澤さん?)出てこないかなという期待が高まっていたように思うけど、個人的にはいっそALIVEやって欲しかったなーなんて。難しい曲だろうから厳しいとは思うけどいつかやってほしい。そして、10周年の時には是非とも三人でこの曲をまた歌って欲しい。

          そしてラストの全員でのm@sterpiece。問答無用で泣いた。まだこんなにいい曲が持ってこれるのかと。映画のことを思い出すとかそういうのもあったのかもしれませんが、なんてラストにふさわしい曲かと、それだけでくるものがあった。




          アンコールなしで約5時間、全54曲。総勢30人のアイドルたちととダンサーさんによるステージ。近年で言うと一番の盛り上がりだったであろう7thの時でさえ、こんな光景を誰が想像していたか。4人のセンターが真ん中でそれぞれの作品を代表して立ち、作品の垣根を越えてアイドルたちが混じり合って歌う。こんなに素晴らしい光景が輝きの向こう側にあったということを、ライブが終わってなお、いやむしろより強く感じて、名残惜しくもなんて素晴らしいタイミングでライブに行くことができたのだろうと感謝の気持ちでいっぱいです。これからシンデレラガールズ、ミリオンライブそれぞれに単独が控えています。あのライブを見る限り、彼女たちはきっとそこでも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるでしょう。確信した。それでも、その彼女たちが一同に会して歌う姿を見られるのはここだけなんです。アイマスの名を背負って出発した人たちが、これだけに一斉に集まることができるのはやはり、この765AS率いるライブだけなんです。それがあるいは縛りのように見えることがあるかもしれない。そうなってしまう時が来るかもしれない。ただ少なくとも今は、あのライブを見ることができた今は、それで間違いなかったのだと思うんです。そしてこれからも彼女たちはきっとそう思わせ続けてくれるんだと、勝手ながらも希望を抱かせてもらいました。これからも新たな仲間をその輪の中に加えながら、より素晴らしい輝きに向かって。


          書き忘れたことはいっぱいあるかもだけど、僕が思うところは今思いつくだけ書いたと思います。なるだけ気持ち悪く。こういう時だけ好き好きムード出しやがってと怒られても仕方ない僕ではありますが、これでも僕としては今までで一番ハマった作品です。これからも何かあるたびに応援していけたらと思う次第であります。
          Pのみなさん、本当にお疲れ様でした!!

          次のライブを心待ちにしながら。
          ではまた。
          2014.02.23 Sunday

          冬フェス2014を前に

          0
            このカテゴリで書くのも随分久々になってしまった。別に興味を失っていたというわけでは…ないとも言いきれない。でも別に特にネガティブな意味ではなく、単純に自分が移り気すぎるせいだから、あまり気にしてはいない。こういうタイミングだけ盛り上がってる姿を他人が見てどう思うかは分からないけれども、気にしたって何も楽しくないし。

            このタイミングでこのカテゴリということはまぁ明日のライブについてなんですが、本当は水曜に見てきた映画のことを先に書きたかった。ただまぁ、一回しか見てないし、その一回でさえ書きたいことが多すぎてまとまらないうちに今日を迎えてしまったわけです。一言で言うなら映画は本当に最高だった。アニマスにおいてあれだけの大団円を迎えた彼女達(特に天海春香)にとって輝きの向こう側に待ち受けていたものは、ただただ幸せな日々ではない。もちろんアニマスの後日談として破竹の勢いで進む彼女達を描くのも一つではあったけれども、誰もがそれは退屈であると感じていたのではないか。それを考えると、グリマスという布石をもって、成長した彼女達の新たなステージでの苦悩を描いたことはとてもよかった…みたいなのを上手いこと書けたら良かったんですけど無理でした。後日まとめられたら書きます。出来ればもう一度見た上で。

            で、ライブ。ちょうど一年前、初めて冬フェスをLVだけど見てこんなことを書散らしてたわけだけれど、結局8thは色々あっていくことは出来ず、今回初めてようやく現地に行くことができます。前日の今日は出来るだけのことをしておこうと必死に公式サイリウムをいじいじしてました。そうしてると何やら1日目5時間近くで50曲オーバーとかいう頭がくらくらする情報も流れてきましたが、気合いで乗り切りたい。昨年の冬フェスの時はミンゴスもいなかったから、今回は生で『眠り姫』聞けると信じてる。生で中村先生が見れるのも楽しみすぎる。モバマス組も楽しみだ。特に青木さんと三宅さん。とまぁどんどんと色々なことが頭を駆け巡っては緊張が高まってきているのでした。
            正直にわかだからあまり曲は拾えてないのです。モバマスしかり、最近の曲しかり。コールだってReady!!くらいしかわからない。それでも思いっきり楽しんでこようと思うわけです。昨年、画面越しに憧れたあの光の海の中に混ざって、目の前で29人が歌って踊る姿を応援してこようと思うわけです。

            というわけで、新参者ですがPの皆様方、明日はどうぞよろしくお願いします。
            ではまた。
            2014.02.04 Tuesday

            ROOM237

            0
              お誘いいただいて見てきました。この映画の存在自体、誘ってもらうまで全然知らなかったんじゃないかな。HP開いてすぐに飛び込んでくるいい感じに胡散臭い言葉の数々に惹かれ、予習も一応して行きました。

              この映画はスタンリーキューブリック監督のホラー作品『シャイニング』を様々な研究者が様々な角度から検証していくというもの。ホラー映画の検証で映画を作れてしまうのかという疑問がわくし、どう見てもHPにはホロコーストだのアポロだのと、それと関係なさそうな単語が飛び交っています。いかにも胡散臭い。それがいいんだけど。しかし映画が進むにつれていいように研究者たちの言葉に嵌められていきます。どれか一つでも自分の知識に引っかかるポイントがあれば。多分ここがこの映画を楽しめるかどうかのポイントかなと思います。
              例えばアポロ計画。僕個人としてはこの単語があったから見に行ったところがありました。それはスタンリーキューブリックがアポロ11号の月面着陸捏造に関わったとする説があることを知っていたから。仮にそれが本当であったとして、この『シャイニング』においてキューブリックが強いメッセージを放っていたことを示してくれるわけです。もう眉唾じゃん!みたいなのを含めて面白くて仕方ない。一緒に行った方は全く違ったところで引っかかっていた。ホロコーストだったり、先住民の話だったり。先住民の話はちょうどこないだアメリカの成り立ちなんかの話を聞いたばかりだったのでそこもすごく面白かったんですが。
              時代、歴史、人…研究者が語る検証にはこういった(映画そのものにとっては)背景的な要素が深く絡んできます。これを知った上で見ることで楽しめる映画、そんな感じがしました。まぁ背景を知らなかったらこじつけじゃん…で終わってしまう。逆にHPに投げかけられた単語で何か一つでも引っかかるものがあるのであれば、ぜひ予習の上、見に行くことをオススメしたい。できるならキューブリック映画全部見てからの方がめいいっぱい楽しめそうです。個人的には恥ずかしながらホロコーストのことをあまり知らないので、その辺ちゃんと知ってからもう一度見たい。

              にしてもきっかけがあったおかげで最大のハードルだった『シャイニング』が見れたので、キューブリック映画全制覇が見えてきた(ビビり)
              ではまた。
              2014.01.16 Thursday

              聴くのやるの

              0
                bandcampウィークリーが楽しい。スマートフォンのアプリで聴いてるんですが、週1更新というペースもいいし、1時間半ノンストップで音楽垂れ流しってのもいいし、ジャンルもあんまり偏ってないし、気になったら即ウィッシュリスト放り込める。ラジオっぽい感じなのもグッとくるポイントですね。英語だからさっぱりわかんないけど、毎回アーティスト一組取り上げて電話でインタビューしてるっぽいんだよなぁ。なんにせよ、こういうウィッシュリスト機能付きラジオみたいなのもっと増えてほしい。いや、あるんだろうけど。

                肝心(ではないが)の自身の方は全く進んでおりません。一応目標とすべきところもなくはないんだけど、ちょっとまだ先だし、とダラダラしてる。ちまちまと曲作りなんてものを始めて少し経ったけど、おそらく現状一番の問題がイメージを具現化できていないということ。多分今までで元からあったイメージをある程度形にできたのって1曲くらい。あとは適当に音鳴らしてて後から無理やり肉付けしてったってのが多い。少しそういう部分から脱却したいと思うんだけど、知識をつけるべきなのか。そう言いながら今日も適当にフレーズ弾いて終わるのでした。

                ハードのシンセ欲しい。
                ではまた。
                2014.01.14 Tuesday

                そして見たけど

                0
                  ニコニコで途中から見たけどさして悪くはないんだよなぁ、ツッコミどころはいろいろあるにせよ。正直ラブライブ!を初めて見た時より印象はいいのかもしれない。ラブライブ!はいろいろコンテンツに触れた結果それなりに楽しめるようになったってパターンだったので。何が一番印象に残ったかで言えば、メインキャストで声が知ってる人全くいないのが一番新鮮でよかったってのがある。みんな新人さんらしいから当たり前だけど。気分が乗ればチェックして見たい。でもラストがなぁ…。
                  いろんな意図が見え隠れしているけれども、どこまで気づかせることができるか。どこまで汲み取ることができるか。作る側にも見る側にも色々と求められそう。

                  なんか具体的な部分に触れない雑な文章ばかりです。
                  ではまた。
                  2014.01.11 Saturday

                  なんとかガールを傍目から見て

                  0
                    ぶっちゃけそのアニメ録画してただけでリアルタイムで見てないですし、映画も見てないし、明日録画したのをみるかどうかってところだけど、なんだか。

                    大雑把な流れはツイッター見てて分かったし、どうせその辺にまとまってるだろうからいいとして、終わった直後によく見た意見。「映画見よう。話はそれからだ」みたいなの。いや、見た方はいいんです。それで良いと思うならそれでいい。ただコンテンツとしてはその順番は失敗じゃねぇの?って。失敗というか逆なんじゃないの?
                    いっかな客の財布の紐が最も緩い業界の一つであろうオタクコンテンツといえど、確証の持てないものに金を支払うほど優しくはない。特に映画ってなんだか高いイメージ強いから、余計に渋る傾向強まると思うんです。逆に確証持てた場合に関しては際限ないから、ハンパない利益になるとは思うんですけどね。まどマギみたいに。
                    その辺の扱いの厳しさってたぶん業界の人の方がよほどわかってると思うんだけど、別の意図でもあったんですかね。口コミで見た方がいいって話題になって客が足を運ぶとか?うーん…
                    いい意味でも悪い意味でも(主に後者が強い)話題性が強すぎていろんな思惑が全て裏目になりそう。

                    眠くてなに書いてるかいまいちわかんないけどとりあえず明日見ます。
                    ではまた。
                    2014.01.07 Tuesday

                    日常が動き出している

                    0
                      ちょこちょことCubase立ち上げたりしてみてるんですが、どういうプロセスで作ってたのか完全に忘れている。基本的に適当にプリセットかつまみをいじくりまわし、面白いと思った音から何かしらのフレーズを作り、それに徐々に肉付けしていく…みたいな感じだったと思うんだけど、如何せんフレーズが全く出てこない。とりあえずどうやってたかを取り戻すためにどんなんでもいいから一曲と思ったが、だいぶ苦労しそう。

                      あと息抜きというか、むしろこっちをやり過ぎな気もするけどマイクラを新ワールドで立ち上げまして。アンプリファイドが登場してからそればっかりで始めようとしてたんだけど、こちらも勘を取り戻すとなると通常ワールドじゃないとイマイチ分からなくなる。というか地下に潜りづらい。というわけで通常ワールドを新規立ち上げです。
                      2回目くらいで割といい感じの地形が出たのでそれでやってます。初期スポーンが川に囲まれた小高い丘と言った感じのところ。すぐそばに結構大きめの村があったり、動物にも恵まれてたりとなかなかいい感じです。ひとまず必要なものがあらかた揃って主に地下探索中。自然発生してる洞窟の探索が一番怖いけど一番好きなんですよね。巨大な溶岩溜まり見つけると興奮するのは工業化の影響だろうか。そしていい加減家も5×5から脱しないと荷物が手一杯だ…。家建てるのが一番めんどい…。そのうちやる気になったらスクショでも撮ってあげようかと思います。そして完全にマイクラの話の方が長い。

                      マイクラ中は声優ラジオ聞くのが捗ります。
                      ではまた。
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      PR
                      Midnight Marching Parade
                      Midnight Marching Paradeの情報です。

                      ・1st Mini Album『The story of Rem』自家通販取り扱い中!

                      詳しくはHPにてどうぞ。感想などもお待ちしております。
                      生息場所
                      主にツイッターにおります。その他いろいろ。

                      Twitter→run_cider
                      Google+→Run Cider
                      Soundcloud→Run_Cider
                      Last.fm→ランタン
                      The Interviws→ランタン
                      勝手にリンク集
                      個人的ブックマーク。ブログ中心。
                      載せないでほしい方はお手数ですがご連絡ください。
                      当ブログ自身はリンクフリーですが、載せたら教えてもらえると嬉しいなって。

                      そして迷走は続く
                      ペソさんのブログ。
                      風ノ吹ク空〜little slow step〜
                      恋ちーのブログ。
                      秋雨前線
                      秋風先生のブログ。
                      空白依存症
                      たびけんさんのブログ。
                      F.G.L.
                      フリー音源専門レビューサイト。
                      たまに書く駄文
                      なべくんのブログ。
                      murmur (with some glasses of ginger ales) ver.2.0
                      qeereeさんのブログ的タンブラー。
                      tubasakuの胡乱な日記
                      ツバサクくんのブログ。
                      Too early to end...
                      ハカセさんのブログ。
                      KBYMの禁煙ブログ
                      こびさんのブログ。
                      空色に青い日記
                      こうきゅんのブログ。
                      unknown affairs β
                      たこすさんのブログ。
                      私は私を阿斗にして
                      ザーフリさんのブログ。
                      結心論者
                      木下結ちゃんのブログ。一緒にMidnight Marching Paradeというユニットやってます。
                      カウンター
                      アクセスカウンター
                      婚約指輪サーチブランド買取ぜったいカラコン
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM